「北條ってさ、繊細だよね」 | 宇宙を流れ、魂を生きる - 北條 毅

「北條ってさ、繊細だよね」

「北條ってさ、繊細だよね」

初めてそういわれたのは、35歳を過ぎてからでした。

それまでは、人からそんなことを言われたことは一度もなかったし、だから自分が繊細だなんて思ってもなかった。

傷ついたり凹んだりしたことはそりゃいっぱいあったけど、それは自分だけじゃなくみんなそう。

傷つくことを弱さだと思ってたし、弱さは人に見せちゃいけないと思ってた。

人に見せない、弱いって言われないようにしてきたから、なおさらそう言われなくなっていきますよね。

自分の作った世界の中で、自分が決めた配役を演じてきてたんだろうな。

でも、このとき人から繊細だと言われて、なんだか納得したんですよね。

「あ、そっか。俺って繊細だったんだ」って。

そりゃいっぱい傷ついたり凹んだりしてきたのもしょうがないわ、って。

で、そこから少しずつ、そんな弱い自分を出し始めてみた。

「弱い自分を出したら、よってたかってひどいことになる」

そんな根深い思い込みに反して、弱い自分を出せば出すほど、世界は僕にやさしくなっていった。

弱さを隠している人の気持ちや、そのつらさや、

でもそれがすべてじゃないってことや。

弱さがあったから、得られたものがたくさんあることを知った。

そのことで人の力にもなれて、たくさんたくさん感謝されるようになった。

気づいたときには、弱さは弱さじゃなくなってた。

ただの自分の中の要素のひとつってだけになってた。

弱いって思ってた過去の自分を、けなげだなぁと愛おしく思えるようになってた。

人ってさ、自分はこうなんだって知った、ただそれだけで、取り戻す力強さがあるんだよね。

無理にどうこうする必要なんてないんだ。

ダメだと思ってるところをどうにかしようとする必要なんてないんだ。

ただ、「そうなんだ」って知るだけでいいんだよね。

だからさ、弱いなら弱くていいんだよ。

不足してると思ったら思ったでいいんだよ。

ワークショップやセッションで、ありのままの自分を知っただけで、とたんに輝きだす人って少なくない。

ね、その輝きってみんな持ってるんだよ。

その輝きを自分の力で押し殺してるだけなんだ。

良いも悪いもない。良い悪いと思ってる自分がいるだけ。

だから、生きたいように生きてみたらいいよ。

自分という存在を軽んじるな、思ってるよりもはるかに完璧な存在だから。

シェア、ご紹介等は歓迎いたします。

魂を生きる 占星術セミナー

ただ、あなたが持って生まれた「いまのあなた」という器が持つ可能性を使ってみましょう。それこそが今回の人生で、あなたという魂が望む生き方であり、宇宙とつながる、魂の真の可能性に目醒める生き方でもあるのです。

古代から受け継がれてきた占星術という叡智は、わたしたちひとりひとりにその真の生き方を指し示してくれる魂の羅針盤ともいえるものなのです。

あなたという存在、そしてあなたという魂の、そのありのままの姿にふれてみませんか。

「ベーシック(初心者)オンライン」

■ 動画を好きな時にご覧いただけます 受付中

オンライン詳細はこちら

メールマガジン ~星の流れ、魂の流れ

その時々の時期を観たディープな情報もはさんだメッセージを配信しています。Facebook やブログでは見逃しがちな情報を確実に読みたいという方は登録してみてください。

※携帯アドレスでは受信できない可能性があります。PCアドレスでご登録ください。