いまの時代に必要なもの | 宇宙を流れ、魂を生きる - 北條 毅

いまの時代に必要なもの

会う人会う人から

体調は大丈夫ですか?」

と言われます。

そういえば
1/25からシンガポールタイのリペ島に行っていて

その間に体調を崩して寝込んでいたことを
Facebookに投稿してたんですが

帰国後の近況を書いてなかったな。

1/31の月蝕から
悪化し寝込み続けた体調

ちょうど2週間を経過した
帰国後の2/14から突然回復に向かい

現在はとても元気な状態です。

いまの素直な体感としては
回復したというよりも

むしろ生まれ変わったような
そんな感覚がある。

これからの流れに向けて
身体の質的な変換が完了したような

そんな明確な感覚。

快調も不調も、大いなる流れの中のゆらぎにすぎない

1/31の月蝕と、2/16の日蝕

それらに前後して

体調や様々な状況に
変化が現れた人が多かったと思うけど

やっぱりいまは
そういうときだよね。

その出来事をどう受け取るかは
人それぞれだけど

ただひとつ言えるのは
この時期の出来事すべては等しくギフトだということ。

過去は過去だから。

身体も、記憶も、エネルギーも

不要なものは脱ぎ捨てて
いまこの瞬間から
これからの世界を創造していくために。

丸2週間、寝込んでる間は
それはそれで結構しんどかったけど

やはりそれもまた
流れのままだったということ。

目の前の出来事がどうであれ

その出来事に感情的に反応する
人間としての自分がいる。

それは当然のことなのだけど、
それと同時に

その反応している自分も含め
自分や流れを、静かに見渡せる俯瞰的な視点

というものが
これからますます大切なものになってきます。

俯瞰的な世界観と人生観が必要な時代

目の前の出来事に反応して
パニックになるのは簡単だけど

それらの出来事も
すべて必然的な大いなる流れの中にある

そのことを
ただの思考としてではなく
肚に落として、日々の生活の中で体現できるかどうか

という生き方そのものが
問われる時代です。

それは、
価値観という単純なものではなく
世界観であり、人生観そのものなんですよね。

その、これからの時代に
欠かすことのできない

本質的で普遍的な部分
これからより一層取り組んでいこうと思ってます。

何をするかじゃない、
いまの本質的な問いは

「どう生きるのか?」

その生き方そのものから
いまを選択していくときだから。

シェア、ご紹介等は歓迎いたします。

2019年の扉を開き、流れを生きるセミナー

各々この1年の意味を感じ取り、新たな年を迎えるためのエネルギーを整え2019年の扉を開いていきます。

そして2019年という新たな1年が、どんな意味を持つ時間なのかを見ていきながらあなたが創造しうる未来の可能性を体感していく時間です。

「2019年の扉を開くセミナー」

12/29(土) 東京 13:00~16:00 受付中

「2019年の流れを生きるセミナー」

1/6(日) 東京 13:00~16:00 受付中

詳細・お申込みはこちら

メールマガジン ~星の流れ、魂の流れ

その時々の時期を観たディープな情報もはさんだメッセージを配信しています。Facebook やブログでは見逃しがちな情報を確実に読みたいという方は登録してみてください。





魂を生きる 占星術セミナー

ただ、あなたが持って生まれた「いまのあなた」という器が持つ可能性を使ってみましょう。それこそが今回の人生で、あなたという魂が望む生き方であり、宇宙とつながる、魂の真の可能性に目醒める生き方でもあるのです。

古代から受け継がれてきた占星術という叡智は、わたしたちひとりひとりにその真の生き方を指し示してくれる魂の羅針盤ともいえるものなのです。

あなたという存在、そしてあなたという魂の、そのありのままの姿にふれてみませんか。

ベーシック オンライン

■ 動画を好きな時にご覧いただけます 受付中

オンライン詳細はこちら

「宇宙の流れを地上に創る」

新たな時代を創造する人々へ、宇宙の流れを伝え、魂の目醒めをうながす活動を展開。大の甘党。