木星牡羊座入り「あなたにとっての真の世界への、脱却と変容のとき」

【木星牡羊座入り】 2022.5.11 8:27

想像と予測を超えた出来事が起きたとき、わたしたちは驚愕とともにみずからの幸運や不運に一喜一憂します。

ですがそれらは、それぞれが偶然に起きたバラバラなものではありません。

わたしたちが過去の歴史を紐解いてみるとき、異なる場所、異なる人物によって起こされた個別の出来事が当事者の意図を超えて関連し合い、「時代」という大きな流れを形作っていくことを幾度となく目にすることでしょう。

 

時代はとどまることなく、流れ移ろい続けます。

そして、その時代の中に生きるわたしたちもまた大いなる流れとともにあり、誰もが等しくそれぞれの人生を、それぞれの色で鮮やかに彩り続けるのです。

星は、その目に見えない大いなる流れの確かな姿と、そこで生きるわたしたちの生き様そのものを、空の彼方から静かで暖かな眼差しで、そっと指し示してくれています

2022年の5月11日に、木星は牡羊座へと移動します。

木星の移動は約1年に1度ですが、地上から見上げると見かけ上の逆行をするために、今回の牡羊座にいる期間は10月28日までの5ヶ月半ほどです。

この期間は、わたしたちとこの世界に起きるどのような流れを指し示しているのでしょうか。

  • この期間のテーマ
  • 世界の雰囲気
  • 活動の方向性
  • 気をつけること
  • この時期の本質的なテーマ

以上の5つについて、順番に見てみましょう。

木星牡羊座の流れ(2022.5.11 〜 10.28)

この期間のテーマ

旧世界からの脱却と変容が、この1年間のテーマです。
この1年間のわたしたちの目は、もう過去を向いてはいないはずです。過去の経験則の適用ではなく、目の前の事実を直視したうえで、遠大なビジョンを描いていく時期だと言えるでしょう。それは個人も、世界全体も等しくです。

世界の雰囲気

多くの人が、それぞれが思い描く未来のビジョンを発信・発言を始めるでしょう。結果や現実的かどうかよりも、希望的な未来を感じさせるような新しさ・斬新さが注目される雰囲気が広がります。
そのため、いくつもの新たなアイデアや、斬新なテクノロジーが提唱され、試みられていく、活動的で実験的な時期となります。
この時期にはまだそれらは玉石混交であり、現実的に有効ではないものも数多く含まれていますが、同時に次の時代を象徴するいくつもの苗木が発芽する苗床ともなる時期であることも間違いないと言えるでしょう。

活動の方向性

わたしたちにとって最も好ましく、望ましい生き方やライフスタイルを現実化するための試み、それがこの時期の活動の大きな方向性となります。
これまでのいくつもの忍耐をともなう体験を経て、わたしたちは自分や世界にとっての最適な形がどういったものか気づいているはずです。この時期に巷を賑わせる多くのアイデアや試みは、この理想の世界を問い直し、またそこへの道のりを模索する段階であることを表しています。曖昧だった内なる想いが明確になっていく時期であり、既成の概念にとらわれない新しいことをスタートするための動機を強く後押しするでしょう。
多くの人の意識とシンクロし、そこで戦う意志や自主性を与え、力づける人が影響力を強めていく時期です。なぜなら、それこそがこの時期多くの人に求められていることに他ならないことだからです。

気をつけること

前述したように、目の前の事実を直視した上で、ビジョンを思い描いていく時期ですが、だからこそ事実をどの視点、どの視座に立ってるのかの違いが大きく表れる時期でもあります。
不安や怒りなど、強い感情をともなった眼差しは、事実をその感情のサングラス色に彩色してしまうでしょう。そこで思い描くビジョンもまた、おのずとその感情色に色付けされたものとなるでしょう。
感情にまみれることなく、冷静に客観的に現実を視ることができた、その視線の先にこそ、世界が、そしてあなたが真に必要とする遠大なビジョンが立ち現れるのです。

この時期の本質的な意味

これら流れと、そこでの様々な出来事や体験を通じて、わたしたちが人生の意味を問い直すことが、この時期の本質的な意味です。
わたしたちは、いつの間にか目の前の役割に没頭してしまいがちです。脇目も振らず仕事に心血を注ぎ続けたり、身近な家族や友人、同僚のためにと力を尽くしたり、あるいは遠い世界の誰かのためにと身を粉にして声をあげてみたりすることもあるでしょう。ですが一見してとても素晴らしい行動のように思われるそれらは、あなたにとって本当の幸せにつながる道を歩んでいると言えるでしょうか。

想像してみてください。いまのその生き方を続けたまま月日が経ち、やがてあなたがこの世を旅立つ日が訪れたとき、あなたは何の後悔もなく人生を終えていくことができると、そう思うことができるでしょうか。

  • 自分に正直な人生を生きればよかった
  • 働きすぎなければよかった
  • 思い切って自分の気持ちを伝えればよかった
  • 友人と連絡を取り続ければよかった
  • 幸せを諦めなければよかった

人生を終える時に後悔することは、主にこの5つだと言われます。そしてそれらはつまるところ、自分の本心に向き合わなかったことへの後悔に他なりません。

もしいま人生を終えたとしたら、あなたには後悔することはないでしょうか。あなたが「してはいけない」と抑圧していること、あるいは「できるはずがない」と諦めていることにこそ、あなたの人生の本当の豊かさが眠っているのです。

最も遠く、最も異なると思っているところにこそ、最も大きな可能性が眠っていること。そしてあなたの内に秘められたその豊かさに気づき、解放していくこと。
それこそが、この時期わたしたちに示された重要なテーマなのです。

「わたし」という世界

上なる如く、下もまた然り

内なる如く、外もまた然り

これは、叡智として古代より受け継がれてきた、この世界の基本原則です。

 

わたしたちに起きる出来事と、その出来事が起きる世界全体の流れ。
それらはいつも密接に関係しています。

この5月11日からはじまる木星牡羊座の期間が指し示す、わたしたちが人生の意味を問い直すという流れは、わたしたち個人だけの問題なのではありません。
「人生の意味を問い直す」というわたしたちのこの期間の流れは、同時に世界中の人々が「世界の意味」を問い直す期間でもあるのです。

いまの世界は、どのような姿なのか

そして世界はこれから、どのような未来へ向かおうとしているのか

 

その本質的で重要なテーマと世界中が向き合う、そのための実験的で挑戦的な期間が、これからの5ヶ月半だと言えるでしょう。

そしてその試みを、他ならぬあなたがあなた自身の人生の意味を問い直し、本心と向き合うことからはじめよう、ということを、この牡羊座の木星が指し示しているのです。

 

あなたの真実を選択しましょう。
あなたの内なる想いを欺き、誤魔化し続ける必要はもうありません。

あなたの本当の人生をはじめましょう。

どのような状況でも、どのような立場でも
あなたの真実をはじめるのに、遅すぎることはありません。

大いなる流れは、あなたの真の人生の船出を祝福しています。

手を広げてその祝福を受け取り、そして未知の、けれど待ち望み続け約束された大海原へと人生の船を漕ぎ出しましょう。

 

あなたにとっての真の世界は、ここからはじまります。

幕を開けるかどうかは、あなた次第なのです。

メールマガジン ~星の流れ、魂の流れ

その時々の時期を観たディープな情報もはさんだメッセージを配信しています。Facebook やブログでは見逃しがちな情報を確実に読みたいという方は登録してみてください。
※携帯アドレスでは受信できない可能性があります。PCアドレスでご登録ください。

PAGE TOP