自分を赦すことから変わっていく世界 | 宇宙を流れ、魂を生きる - 北條 毅

自分を赦すことから変わっていく世界

さも正しそうな
一般常識ってある。

それを、

「本当にそれをしたい?」

って問いかけてみる
って大切。

たとえばね、

「時間には遅れないこと!」

ってよく言うでしょ。

「時間は何よりも貴重なもの」

「唯一増えない資産が時間」

「だから時間を無駄にしないようにしよう」

そして、

「だから、他人の時間を奪わないよう
時間には遅れないようにしよう」

って。

さも正しくて
世の中の真理みたいに言うよね。

でもね、
それって本当?

例えば、沖縄で
よく「沖縄時間」とか
言ったりするよね。

集合時間を決めたら
待ち合わせ時間から集まり始めて

30分後ぐらいにやっと
みんな集まるって話。

で、それを聞いて、
みんな「いいな〜」って
言ったりするよね。

「そんなのんびりした生活
あこがれるわ~」って。

いいな〜って
思ってるんだよね。

じゃあみんなも
やったらいいのに。

現実的には
できるだけ時間を守ったらいい。

でも少なくとも、

「何が何でも
絶対に守らなければいけない」

っていう「自分への縛り」は
手放していいんじゃないかな。

そりゃ僕も
会社勤めをしてたころは
絶対に時間は守るようにしてた。

でも、独立してから
その思いは手放すことにした。

もちろん、できるだけ
遅れないようにはするよ。

でも心の根っこの部分では

「別に遅れても
それはそれでいいか」

って思ってたりする。

「時間に間に合わせようとして
それでも遅れたら仕方がないか」って。

するとね、
自分のことだけじゃなく

他に時間に遅れた人がいても
腹が立たなくなるんだよね。

よく遅れて入ってきて
「本当にすみません!」って
必死で謝る人がいるけど

いやいや、別に本当にいいよー
と気にしなくなってくる。

そういうように、

自分を赦していくと
どんどん腹が立たなくなっていく。

怒りが悪いんじゃない。
怒らないようにしようとするんじゃない。

人間生きてれば
怒るときぐらいあたりまえにある。

でもその怒りは
他ならないあなたがつくっていて

あなたの中から
生まれてくるものなんだ。

怒りがわいたとき
その怒りをしっかり受け止めて

どうしようもない怒りがわいてくる
そんな自分を認めたうえで

そんな自分を赦していこう。

それをしちゃいけないと思ってる
まじめで頑張ってる自分を
赦してあげよう。

そんなときが増えていったら
あなたの内側から
平和な世界が広がっていくと思うんだ。

僕もまだまだ
怒ったりするけどね。

シェア、ご紹介等は歓迎いたします。

魂を生きる 占星術セミナー

ただ、あなたが持って生まれた「いまのあなた」という器が持つ可能性を使ってみましょう。それこそが今回の人生で、あなたという魂が望む生き方であり、宇宙とつながる、魂の真の可能性に目醒める生き方でもあるのです。

古代から受け継がれてきた占星術という叡智は、わたしたちひとりひとりにその真の生き方を指し示してくれる魂の羅針盤ともいえるものなのです。

あなたという存在、そしてあなたという魂の、そのありのままの姿にふれてみませんか。

「ベーシック(初心者)オンライン」

■ 動画を好きな時にご覧いただけます 受付中

オンライン詳細はこちら

メールマガジン ~星の流れ、魂の流れ

その時々の時期を観たディープな情報もはさんだメッセージを配信しています。Facebook やブログでは見逃しがちな情報を確実に読みたいという方は登録してみてください。

※携帯アドレスでは受信できない可能性があります。PCアドレスでご登録ください。